本当に美味しい鮎の塩焼き

昨夜は安曇川沿いの山深い坊村にある宿に1泊しました。
比良山荘と言い知る人ぞ知る鮎の名所です。
大阪の箕面の会社が終わってから1時間20分で着きました。
着いた時の気温は22度で湿度はあるが快適です。
食事が終わってから主人の案内で近くの安曇川に蛍狩に行きました。
時間が遅かったので多くはいませんでしたが優雅に飛ぶ蛍と
夏の大三角形の星空と安曇川の川音を十分堪能できました。

突き出しはゼンマイ、小芋、ゴリ。食前酒と共に
d0064838_16462318.jpg

鮎のなれ寿司とニガウルカ
d0064838_16482486.jpg

お酒は立山、不老泉を竹筒で
d0064838_1649372.jpg

名物の鯉のアライ、泥だしを十分し臭くなく美味しい。酢味噌も良い。
d0064838_16531317.jpg

小ぶりの鮎の塩焼きは3回出て来て1人7匹。
d0064838_16552797.jpg
d0064838_16562085.jpg

d0064838_16564350.jpg

熊肉とスッポンとズイキのアツモノ、結構いけます。
d0064838_1659113.jpg

食事は鮎ご飯、鯉こくと一緒にいただきました。
d0064838_1705724.jpg

d0064838_1711684.jpg

水物は柚子ゼリー
d0064838_1721465.jpg

食後も梅酒
d0064838_1732490.jpg

by ayhk | 2006-07-08 17:09 | グルメ(その他)


<< 滋賀県、大津市、葛川坊村、「比... 大阪、豊中市、「エルバウデコラ... >>