大阪、豊中、「レザール・サンテ」

今日の昼はお葬式の後、1時半ごろから一人でフレンチ。
元の「ミチノ・ル・トゥールビヨン」でオーナーシェフは道野シェフ。
内装を少しスマートカジュアルに変え名前も変えてリノベーション。
私は名前を変えたり内装を変えたりせずに、今の場所は風水が良くないので
違う場所でやればもっと発展すると思うのですが彼には彼の都合があるのでしょう。
9ヶ月ぶりに訪れましたが非凡な才能のシェフだと改めて思いました。

アミューズ、ムースが美味しい。
d0064838_21531258.jpg

ワインはボルドーのハーフ
d0064838_21541230.jpg

パン、生地を買ってお店で焼いた半分自家製だが美味しい。
d0064838_21565240.jpg

フォアグラ、受けは薩摩芋のリゾット、奇抜なアイデアだがなかなか美味しい。
d0064838_21585680.jpg

ラム、外はカリっと内はジューシィ、脂の部分は特に焼いてある。
脂に塩、赤身に胡椒を付けて頂きます。
d0064838_2255963.jpg

デザート、飾り付けが地味
d0064838_227167.jpg

エスプレッソ
d0064838_2271633.jpg

by ayhk | 2006-09-09 22:09 | グルメ(大阪)


<< 大阪、北新地、「弘屋」 墓参りとお葬式 >>