京都、「室町和久傳」

昨夜は2人で京都で和食。春の土曜日でなかなか予約が取れない。
いろいろサプライズがあり京の和食は楽しい。

お茶には蘭の花が
d0064838_7135145.jpg

冷酒は竹から
d0064838_714426.jpg

まず旬の長岡の筍、柔らかく、鰹の香りが上品、木の芽も良い
d0064838_7141648.jpg

お造りは桜鯛、ポン酢で頂きました。ネギが多い
d0064838_7143831.jpg

珍味。鯛の白子焼き、桜のおこわ添え。
d0064838_715315.jpg

胡麻和えは何か忘れました。
d0064838_7151460.jpg

焼き物は鰻の八幡巻、牛蒡も柔らか
d0064838_71649.jpg

おそば
d0064838_7162486.jpg

炊き合わせは鶏,花山椒の香りが上品
d0064838_717038.jpg

酢の物は鳥貝と赤貝
d0064838_7172444.jpg

鶏のお茶漬けは絶品、お出汁をかけて頂きました。
d0064838_754988.jpg

d0064838_76045.jpg

水物は赤いマンゴー。
d0064838_771536.jpg

ワラビ餅、、最後はお薄でした
d0064838_783485.jpg

by ayhk | 2007-04-22 07:18 | グルメ(その他)


<< 京都ホテルオークラ、結婚披露宴 京都ホテルオークラ >>